トヨタ chr エコカー減税

*平成29年度のエコカー減税の新制度の合わせて修正しました!

chrのエコカー減税について書きたいと思います。エコカー減税は車の重さと燃費の兼ね合いで、自動車に関わる税金がどれだけ減税、あるいは免除されるかが決まります。

chrの場合は、ハイブリッド車とターボエンジン車の2種類ありますが、それぞれで燃費が大きく変わるので、エコカー減税の適用内容についても違いがあります。

エコカー減税で安くなるのは3種類の税金

エコカー減税と表現されることが多いですが、正確には「自動車取得税」と「自動車重量税」に対する減税が『エコカー減税』、購入した翌年度の「自動車税」に対しての減税のことを『自動車グリーン税制』と呼びます。

以下に、chrのハイブリッド車とターボエンジン車での『エコカー減税』と『自動車グリーン減税』の適用内容についてまとめたいと思います。

chr エコカー減税 ハイブリッド車

chrのハイブリッド車のエコカー減税の適用について。

<エコカー減税>

  減税の割合
自動車取得税 100%
自動車重量税 100%

<自動車グリーン税制>

  減税の割合
自動車税(翌年度) 概ね75%

ハイブリッド車に関しては、平成29年度の新制度でも適用されるエコカー減税は、一番良い条件が適用されています。

chr エコカー減税 ターボエンジン車

chrのターボエンジン車のエコカー減税について。

<エコカー減税>

  減税の割合
自動車取得税 0%(なし)
自動車重量税 0%(なし)

<自動車グリーン税制>

  減税の割合
自動車税(翌年度) 25%

ターボエンジン車は、平成29年度の新制度以前は「取得税:20%」「重量税:25%」のエコカー減税の適用がありましたが、新制度では「減税なし(0%)」に変わってしまいました。

翌年度の自動車税への減税のみ、「25%」ということになっています。

chrを安く買う方法はトップページで紹介しています。

>>chr 値引き

 

© 2017 chr 値引き rss